一日一安

一日一日をやすらかに、心身の健康をたいせつに。

母のこと

世間はお盆ということもあって、いつもよりも母のことを思い出している。

 

母が亡くなってすぐの頃は、母にもう会えないことがさみしくてさみしくて、たまに寝る前に、母と会って話をしている妄想をしたりした。

 

小川が流れる音

すこし若くてきれいな母

最近あったことを話す私

母の笑顔と優しい声

 

涙が出そうになりながらも、想像した。そうすると少しさみしさがやわらいだ。

 

母は、私にとって本当に大きな存在だったな、と思う。

母親だからというだけでなく、母のことが、人としてとても好きだった。

明るくて朗らかで、惜しみなく親切で、率直で、あたたかくて、そこにいるだけで周りの皆がほっとする、本当に素敵なひとだった。

 

母が空港で手を振りながら「やっちゃーん」と呼ぶイメージがずっと頭の中にあって、さっきふと何故だろう?と思い記憶をたぐってみたら、母と最期に会ったのが空港だったことを思い出した。

 

さみしいほど、忘れていく。

だから、文章に残しておこうと思った。