一日一美

日々是健康、育児、読書など。

育児の苦悩

今年7歳になる第一子と、5歳になる第二子がおりまして、子育て歴6年ということになります。

最初の一年、二年、第二子の誕生から一年、二年の怒涛の四年間に比べたらさすがに落ち着いてきたものの、それでも未だに苦悩している感があります。育児に。


日によって変動はあるのでしょうが、おおむねハッピーな気分で子育てをしているママさんがピンク色だとして、育児ノイローゼのママさんが深いブルーだとすると、私は大体「限りなく透明に近いブルー」だったなぁと我が身を振り返ります。すみません限りなく〜が言いたかっただけです。


最初の一年はアウェイな都会で密室育児をしていたこともあり、当時書いた育児日記に「いつも冷たいブルーシートの上にいる気分だ」と書いてありました。うーんこれは。限りなく育児ノイローゼに近くないか。


第一子のことは、可愛い盛りの時に上手くかわいがれなくてごめん、と懺悔したい気持ちがあります。幸い、私よりずっと子供の扱いが上手く愛情深い夫がいたので、優しい子に育ったと思います。甘えん坊で手がかかるけど。

でもその甘えを、今まで私はほとんど受け入れてやってなかったなあと思うので、これからはなるべく受け入れてやろうと思っています。なかなか難しいのですが。


子供には必ず得意なこと、好きなこと、キラリと輝くところがあるから、それを見つけて伸ばしてやるのがいいとはよく聞きますが、母親もそうだなあと思います。母親が自分にダメ出しばかりしていたら、自信喪失となって毎日が暗くなり、それは家族にとっても良くないことです。(私のことです)料理も手芸も苦手だし子供の扱いも得意じゃない、とにかく一人になりたい、一人の時間が欲しいとばかり思っていました、そして自己嫌悪。


そうではなく、私は私で良いところもあるのです、勉強熱心だし(意識が高過ぎる、頭でっかちだと夫は言うけど)、子供にべったりで甘やかす親には決してならない自信がある、他にもいろいろ、多分ある。

反省点もたくさんあるけど、よくがんばってきたとも思います。


愛情深いママさんや、毎日がハッピーに見えるママさんのブログを読むと、ああ…いいのか私こんなんで。と思ったりしてしまうけど、いいのよ。私は私で、成長しているから。それでいいの。


昨夜お皿を洗っていたら指を切りまして、それを見た第一子が「わたし洗おうか?」と言ってくれまして、第一子のエプロン姿を見た第二子が自分もやるやると言いまして、2人で皿洗いをしてくれました。

困っている人を見て助けてやろうと思う気持ちがあれば、きっと大丈夫。そう思いました。小さいことはぐちぐち言うまい。


明くる朝、出掛けにぐちぐち言ってしまったけれど…。人間って忘れる生き物だなあ。