一日一美

日々是健康、育児、読書など。

一日一言

年が明けて半年たちました。

新しい家に引っ越したり、下の子も幼稚園へ行きはじめたり、パートで仕事を始めたりなど、楽しい変化がたくさんありました。

そんな日々にも慣れてきて、そうだ、と思い出してまたはてなブログを開いてみました。

去年の今頃にはじめたこのブログ、達成感とやりがいを得るために毎日記事を更新していた時がありましたが、今はなかなか難しいので、ちょっと短くして再開してみることにします。


題して『一日一言』。


私はモノでもカネでもなくヒトというものに興味があり、人に関することにはよく記憶力が働きます。

人の言った言葉をよく覚えているので、今までに心に残った誰かの言葉を、ここに書いていこうと思います。心の忘備録とでもいいましょうか。


まず一日目は、母の言葉を。


「ケ・セラ・セラ。なるようになれ、よ」


母は長らくがんを患っていて、先が長くはないことを本人も家族も分かっていました。

でも明るい母のこと、自然体で無理をせず毎日を楽しんでいるようにみえました。

最後の入院の前日も父とランチに出かけていたそうで、あぁおいしかっただろうなよかったな、と思うと、悲しい中にも安らぎを見出せる気がします。


そんな思い出の言葉です。