一日一美

日々是健康、育児、読書など。

ピュア感

4年前にハワイで買った、ハイビスカス柄のワンピースを久しぶりに着てみたら、びっくりするほど似合わなかった。

おおお・・・ノォーーー。

私は「ピュア感」のある女性が好きなので、できれば自分もそうでありたいな~と思っている。

年齢を重ねるにつれ、新鮮味より熟成の部分が増えるのは自然のこととして、それでも「なんとなしにピュアな感じ」のある女性は魅力的だと思うのだ。

「少女感」とも言えるような。

芸能人でいうと菅野美穂とか、歌ってる時の渡瀬マキとか、石田ゆり子とか。童顔とか若作りとかでなく、「無邪気な感じがキラリと光る」と言いましょうか。

で、まあ、芸能人と自分とを同列に語るのはアレですが。

ハワイのワンピースが似合わなくなった自分を鏡で見ながら、この4年の間に自分はどう変化したか?と分析したのであります。

・余分な脂肪

体重はさほど変わっていないのに、そこかしこに贅肉が存在感を増してきています。

まず下腹部。次に背中。二の腕。ウエスト。

産後太りなのか、加齢によるものか。

代謝の衰えに対策を打つ必要性を感じます。

・ふてぶてしさ

最近の自分を振り返り、思いついたのがコレです。

育児による心の余裕のなさか、状況に甘んじた結果か。

オバタリアン(懐かしい表現)というものは、例外なくふてぶてしさを備えているものです。

そこへ自分が一歩踏み出していたこの事実。

このままでいいのか? ノーです!

・肌のつや

シワとかシミだとかはどぎついので、肌のつやとしました。

なんとなくくすんだ感じにも見えます。イキイキしていない。

美肌づくりはピュア感を得る上でマストと言えるでしょう。

自分を振り返るのって結構ツライ作業でした。

でもこの気づきを前向きにとらえたいと思います。

自分の「好きな自分」でいたいとです。

iPhoneから送信