一日一美

日々是健康、育児、読書など。

孤独感

ここに引っ越してきてから、夜一人でベランダに出てボーッとすることがある。

だいたい孤独を感じている時で、それを紛らわすためにそうする。

星を見上げて、遠くに走る車のライトを眺めて、向かいのマンションに住む他人の姿を見かけたりすると、不思議と心が落ち着く。

みんな生きていて、それぞれ人生を生きているんだなと思うと、見しらぬ人でも仲間意識が湧くのかもしれない。

こんな孤独感を、物心つくかつかぬか位の少女の時に感じたことがある、と唐突に思い出した。

家族がいるのに(あるいはいるから?)感じる孤独。誰も自分のことを分かってくれない。人生はどこまでいっても独りだ。甘えのような悟りのような感情。

そんな時、決まって思い出していたのは亡くなった祖父のことだ。優しかった祖父なら、きっとこんな私を慰めてくれる。そう思うと少し安らかな気持ちになれた。

今は、亡くなった母の事を思い出すようになった。空から見守っていてくれている、と思うと、涙が出る。そして少し元気が出る。

自分は一人でなく、色んな人に支えられながら生きてきたと思う。だからこそ、自分の感情くらい自分でうまくコントロールしたい。

もういい大人だしな。

いつかそれがうまくできるようになったら、こんな感情は思い出せなくなるかもしれないので、書いてみた。